ニキビ跡クリーム

ニキビ跡ハイドロキノンクリームおすすめ

 

 

ニキビが治ったけど茶色いしみができてしまった、美白化粧品を使っても効果を実感できない、刺激が強すぎる、こんな経験がありませんか。ニキビ跡の茶色いしみの改善のポイントは、保湿とメラニンの生成の抑制、メラニンの還元です。

 

ニキビ跡の茶色いしみに効果的なのがハイドロキノンクリームです。ハイドロキノンには漂白剤のような働きがある成分です。メラニンの生成にかかわるチロシナーゼの働きを抑制してしみをできにくくする、できてしまったしみのメラニンを還元して薄くする働きがあります。

 

ハイドロキノンは働きが強いので、人によっては刺激を感じることがあります。また、浸透が悪く必要な場所に届かなかったり、安定性が悪いといった問題もあります。

 

これらの問題を解決したニキビ跡におすすめのハイドロキノンクリームがビーグレンです。独自開発のキューソームというカプセルにハイドロキノンを閉じ込めることで、目標とする肌の奥にまで浸透させます。

 

茶色いしみを薄くするには4つのステップが大切です。

 

乾燥した肌は紫外線の影響を受けやすくしみができやすい状態です。肌にたっぷりの水分があると、水分がバリアになって紫外線の影響を受けにくくなります。ビーグレンの化粧水はキューソーム化ビタミンC配合で、潤いで満たして紫外線をブロックします。

 

化粧水で整えることで次に使う美容液の浸透が高まります。美容液はハイドロキノンベース、キューソーム化アルブチン配合で、メラニンの生成をブロックし、できてしまったしみのメラニンに働きかけます。

 

キューソーム化ハイドロキノンを配合した美白クリームが、できてしまったしみにアプローチします。ニキビ跡のしみに働いて淡色化を促します。

 

しみを防ぐには肌の土台を整えて肌本来の力を高めることが大切です。保湿クリームのキューソーム化エイジリカバーコンプレックスが肌の土台を整えてしみができにくい状態に導きます。

 

これら4つのでステップで肌を整え、ニキビ跡に効果的にアプローチします。

 

 

美白ケア(trial)

 

 

大人ニキビに効く洗顔料